10:00〜19:00/定休日:第一火曜日・毎週水曜日
0120-28-5576

マイホーム借上げ制度により、シニアの家が社会の財産として活用されます。

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」は、シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。
これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。

制度の仕組みをポイントを抑えてご説明いたします。

家を貸す側のポイント
   

JTIが制度利用者に代わって責任を持って転貸しします。

JTIが借上げて転貸するので、一般賃貸のように家のオーナーが賃借人と直接かかわることはありません。家賃の未払い、家の不適切な使用など賃借人とのトラブルの心配は無用です。

 

借り手がつかないときも家賃保証

制度を申し込み後、一人目の入居者が決定以降は空き室が発生しても規定の最低賃料を保証します。(査定賃料下限の85%が目安)空室時の賃料保証に関してはJTIの内部準備金を充てますが、万一資金不足になったときに備えて国の基金も用意されているので安心です。

3年毎の定期借家契約

3年毎の定期借家契約のかたちをとるため、もし自宅に戻りたくなったら、契約終了後には戻る事ができます。また売却も可能です。賃借人が居座ったり。立ち退き料を迫られることがありません。

プロがサポートします!

ハウジングライフプランナーと呼ばれる住生活に関するプロがサポート。JTI(移住住み替え機構)に登録したプロが 制度を利用する上でのメリットもデメリット、他の選択肢はあるか、など親身にカウンセリングいたします。「マイホーム借上げ制度」だけでなく、移住,住み替え先の情報、生活資金のプランニング、公的支援についてのアドバイス、現在の家の修繕・リフォームについてなど、全般にわたってご相談に応じます。

家を借りる側のポイント

良質な住宅を相場より安い値段で借りることができます

敷金、礼金が必要ありません。(仲介手数料はかかります。)

壁紙などの一定の改修が可能です(オーナーの許可が必要です)

3年毎の契約を優先的に締結できます

JTIがメディアに紹介されました!


一部をご紹介いたします。新聞の記事についてはこちらでもごらん頂けます
  • 【新聞】
  • 【テレビ】
  • 【雑誌】

■日本経済新聞
JTIの「かせるストック(定額型)」の導入について |2016年12月20日、朝刊

■日本経済新聞
住まいナビ「空き家の実家、貸してお得」|2016年7月20日、夕刊

■日本経済新聞
戸建て 家賃定額50年保証 ~転勤・高齢者に対応、地方に照準~|2016年2月25日 記事を見る

■高齢者住宅新聞
家賃担保に貸付 ~利用価値を評価~|2015年11月11日

■NHK Eテレ「団塊スタイル」
放送日:2014年12月5日
~どうする?60代からの住まい~

■TBS 「いっぷく!」
放送日:2014年9月18日

 ~「住み替え支援制度」~

■日本テレビ 「あのニュースで得する人損する人」
放送日:2014年7月10日
~墓じまい/古民家再生/住みかえ機構~

■NHK Eテレ「団塊スタイル」
放送日:2014年4月11日
~保険・資産の賢い見直し!~

■月刊『BOSS』2017年11月号~空き家ビジネス最前線~ 

■書籍名:『都心の小さな家・マンションに住み替える』発売日: 2017/6/15

■週刊『女性セブン』2017/7/27号~単に貸すだけでなく、民泊やDIY賃貸、 借上げ制度など幅広い選択肢が!~